記号の正式名称

パソコンで良く使用される記号の正式な名称をまとめました。
正式名称:Unicode文字名称
日本語:JIS日本語通用名称
一般名称:筆者の勝手な思い込み+その他

正式名称:コマーシャルアット(Commercial at)
日本語:単価記号(たんかきごう)
一般名称:アットマーク、アットサイン(at sign)

正式名称:エクスクラメーションマーク(exclamation mark)
日本語:感嘆符(かんたんふ)
一般名称:ビックリマーク

正式名称:クエスチョンマーク(question mark)
日本語:疑問符(ぎもんふ)
一般名称:ハテナマーク

!?

正式名称:ダブルダレ
日本語:感嘆疑問符(かんたんぎもんふ)
一般名称:ビックリハテナマーク


◇記号の形から「!」を雨だれ、「?」を耳だれと呼び、二つ合わせた「!?」をダブルだれと呼ぶようになったとのこと。

正式名称:インテロバング(interrobang)
日本語:感嘆修辞疑問符(かんたんしゅうじぎもんふ)
一般名称:ビックリとハテナが合体したマーク

◇英語などの表記に使われる約物(やくもの:記述記号類の総称)の一つ。「?」と「!」を重ね合わせた文字で両方の意味を持っている。海外で使われている文字であり日本で見かけることはほぼない

正式名称:ネイボレットニー(gnaborretni)
日本語:逆インテロバング
一般名称:ビックリとハテナが逆になったマーク

◇インテロバング同様、英語などの文字表記に使われる約物のひとつで日本ではほとんど見かけることはないインテロバングを逆にした形をしており、読み方もインテロバング(interrobang)を逆から綴ったものgnaborretni(ネイボレットニー)となっている。(洒落か!?)

正式名称:ハッシュタグ(hashtag)、ハッシュマーク(hash mark)
日本語:番号記号(ばんごうきごう)
一般名称:シャープマーク、井桁(いげた)

◇♯(シャープ記号)と混同しがちだが2つは全く別物。簡潔に言えば#(ハッシュタグ)は番号を記す際に使われる記号、♯(シャープ)は楽譜で半音上げることを意味する記号。とどのつまり形が似ているだけ※1で関係性はない。

※1ハッシュタグは横線が水平でシャープは横線が右上に少し傾いているという微細な違いがある。

❛  ❜

正式名称:シングルクォーテーションマークsingle quotation mark
日本語:一重引用符いちじゅういんようふ
一般名称:ちょんちょんマーク

◇シングルクォーテーションマークは対となる記号があり、「❛」払いが上向きの記号が開始記号、「❜」払いが下に来る記号が終了記号として使用する。

○○○ 
※両方とも払いが同じタイプこれは間違った使用法

○○○
※正しくは払いが上に来るのが開始に下に来るのが終了につける。「」(鉤カッコと同じ理屈に近い)

◇シングルクォーテーションには「′」直線型(逆涙の形状)と「❜」曲線型(まが玉形状)がある。

′ ′
直線型
❛ ❜
曲線型

◇見た目は同一だがアポストロフィーとは意味が違う。シングルクォーテーションマークは引用符アポストロフィーは省略記号を表す。

◇◆アポストロフィーの使い方◆◇
・I am → I’m
・you are → you’re
・2021 → ’21

❝  ❞

正式名称:ダブルクォーテーションマーク(double quotation mark)
日本語:二重引用符(にじゅういんようふ)
一般名称:ダブルちょんちょんマーク

◇シングルクォーーテーションマークと同様対になる記号があり「❝」払いが上向きが開始記号、「❞」払いが下向きが終了記号として使用する。

正式名称:エンサイン(yen sign)
日本語:円記号(えんきごう)
一般名称:エンマーク

正式名称:ダラー(dollar)
日本語:ドル記号(どるきごう)
一般名称:ドルマーク

正式名称:アンパサンド(ampersand)
日本語:アンパサンド
一般名称:アンドマーク

正式名称:グレーターザン(greater-than)
日本語:不等号(より大)
一般名称:大なり

正式名称:レスザン(less-than)
日本語:不等号(より小)
一般名称:小なり

正式名称:
日本語:句点
一般名称:マル

正式名称の最新記事8件